人気のプチ整形で得られるメリットは多いですが、デメリットもあるので当サイトでプチ整形の気になる疑問を解決しましょう!

MENU

プチ整形とは

女性なら誰もがより美しく、可愛くなりたいと思うことがあるでしょう。
そうした気持ちを持つことは自然ですし、現代では様々な道具が市販されています。
化粧品やアクセサリーなど、美を追求する道具は多種多様です。

 

しかし、そうした道具ではどうにもならないのが顔の造形です。

 

鏡を見て落ち込む女性

 

  • 鼻の高さや形がもっと良ければ
  • 二重まぶたなら良かった
  • 唇をプルプルにふっくらさせたい

 

そうした願いは憧れで終わっていました。
そんな中、女性の間にじわじわと広がって来たのがプチ整形です。
日本人のプチ整形人口とは?

 

 

気軽に行えるプチ整形は10代前半にまで広がっており、美を追求する当たり前の手段となりました。
では、このプチ整形とはどこまでのことを定義しているのでしょうか?
どのような行為がプチ整形となり、そしてどの部位の施術が人気なのかを解説したいと思います。

 

プチ整形の定義

プチ整形の定義は厳密に決まっていません。
美容クリニックによって微妙に定義が違っているのですが、大雑把に捉えることは可能です。
それが、メスを使わない施術、というものです。

 

メスを使わない、つまり皮膚を切開しない施術がプチ整形と呼ばれています。

具体的には二重まぶたを作るために細い糸で埋没させるのが該当します。
他には唇にヒアルロン酸の注射を打ち、プルプルのふっくらした形に整えるのもプチ整形です。

このようにちょっとしたメスを使わない美容施術をプチ整形なのです。

 

整形はメスで切開するので手術後の経過観察が必要になります。
時には手術の痛みが現れますし、傷跡が残ってしまうケースもあるでしょう。
整形費用も高額で気軽に支払える金額ではありません。

 

ですが、プチ整形は日帰りで気軽に手術を受けることが出来ます。
手術の痛みもほぼ感じませんし、傷跡が残るリスクは無いのです。
安いものだと3万前後から受けられるプチ整形は経済的にも優しいでしょう。

 

プチ整形とはメスを使わない簡単な美容施術なのです。
顔のパーツで整えたい部分があるなら、プチ整形をしてみるのも良いです。

 

プチ整形ランキング1位は「二重まぶた」

二重まぶた
目をぱっちりして明るく見せたい、そんな思いを抱く女性は非常に多いです。
芸能人の多くは目がぱっちりしていますし、憧れの姿へ近付きたいと思うのは自然な感情です。
そうした思いがあるからこそ、プチ整形の定番に二重まぶたの施術がランクインするのでしょう。

 

美容クリニックのほとんどが二重まぶたのプチ整形に対応しています。
永遠に二重まぶたを作るプチ整形も登場しており、一重まぶたの女性はぜひとも確認したい情報です。

一般的な方法は目に見えないぐらい細い糸をまぶたに通して、二重まぶたを作る方法です。

見破られる可能性はほぼ皆無ですし、プチ整形後に日帰り出来るのがメリットです。
値段も数千円から可能なので気軽に誰もが受けられるものとなっています。
目のプチ整形についての詳細はこちら

 

プチ整形ランキング2位は「鼻整形術」

鼻
鼻の高さがもう少しあれば、そんな願いを形にするのが鼻整形術です。
ヒアルロン酸注射で鼻の形を整え、美しいラインを作り出すことが出来ます。
比較的安い金額で施術を受けられるのが特徴で、5万円前後の予算となっています。

 

鼻の形にコンプレックスがあるなら、鼻整形術のプチ整形を試してみましょう。
テレビでも紹介されるようになり、利用している女性は徐々に増えています。
身近な女性がプチ整形をしている可能性も十分にあるのです。

 

プチ整形ランキング3位は「レーザー治療」

シミ
レーザーでニキビの傷を消したり、シミ取りレーザーでシミを消したりするのもプチ整形だと言えます。
プチ整形と呼ばずに美肌治療と呼ぶこともありますが、これもメスを使わない美容整形なのです。

 

顔の目立つ場所にニキビの傷やシミがあると非常に気になります。
そんなコンプレックスをプチ整形で消すのも良いでしょう。

 

やはり一番人気なのは二重まぶたでした。日本人は比率的にも一重が多いので二重に憧れを抱く人は多いようです。

プチ整形・二重整形の詳細へ

 

肝心なのは、より美しくなるための方法がたくさんあるということです。
いろいろなプチ整形の手段を知り、自分に合う方法が無いかを探してみてください。