アイプチは接着して二重まぶたにしますが、メザイクは食い込ませて二重まぶたにします。

MENU

自分で二重まぶたにするには?

一重まぶたの人であれば誰でも憧れる二重まぶた。
それを自力で簡単に作れると人気なのが「アイプチ」「メザイク」です。

 

ちなみに「アイプチ」とは化粧品会社で有名な「イミュ」のグループ会社である「エルソルプロダクツ」が商標登録しているので、アイプチと似た商品は他の名称で販売されています。
また、メザイクも「アーツブレインズ」という会社が販売しているもので類似品も多く販売されているのですが、ここではわかりやすくする為にも「アイプチ」「メザイク」と統一して表示する事にします。

 

さて、アイプチやメザイクを現在も使用している方がいらっしゃるかと思いますが、興味はあってもなかなか手出しする事が出来ない人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでここではアイプチやメザイクとはどのようなものか、また、メリットやデメリットはどのようなものがあるのか、などをご紹介していきます。

 

アイプチとは

アイプチには主にのりタイプテープタイプの2種類があり、のりタイプにはまぶた同士をくっつけて二重にするタイプとまぶたをおり込んで二重にするタイプが、テープタイプは両面タイプと片面タイプがあります。
アイプチの全体的なメリットはなんといっても値段が安いことですね。
多くのアイプチは1,000円前後というお値段で販売されています。
また、ドラッグストアなどどこでも手軽に購入する事ができるのもいいですね。
誰でも簡単に二重に出来ますし、人によりますが、使い続けていれば自然に二重まぶたが定着してくることもあるようです。

 

デメリットはのりタイプは乾くまで時間がかかるので、メイクの時間がいつも異常にかかってしまうこと、アイメイクの仕方によってはアイプチをしている事が人にばれやすいこと、などがあります。

アイプチがうまく出来なかった女性

また、人によってはアイプチののりやテープが肌に合わず、肌が赤くなってしまうこともあります。
安いアイプチよりも値段が高いアイプチを使用したほうが肌に優しい成分を使用しているので、もともと肌が弱い人は値段の高いアイプチを使用したほうがよいかもしれません。
また、アイプチの部分が目立たないようにアイメイクで上手にカバーするようにすることも大切です。

 

メザイクとは

メザイクはマイクロファイバーテープという細い両面テープのようなものをまぶたに食い込ませて二重にするタイプのものとなっています。
メザイクのメリットはアイプチと比べて人にばれにくい事です。
アイプチは「接着するもの」ですが、メザイクは「食い込ませるもの」ですので目立ちにくいようになっています。
また、アイプチと比べてまぶたをくっつける部分が少ないので、肌に対する負担も少なめです。
アイプチののりタイプのように乾かす時間も必要ないので、メイクに時間をとられることもありません。

 

メザイクのデメリットはアイプチと比べて値段が高いことです。
また、メザイクで二重を作るにはコツが必要なので、慣れるまではきれいな二重を作るのが難しい、というデメリットもあります。

 

毎日のアイプチやメザイクが面倒でプチ整形をお考えの方は、目のプチ整形体験談も併せてご覧ください。